法人の倒産・破産について

経営されておられる会社の状態が思わしくなく、近い将来破綻することが確実な場合、少しでも早めに会社の倒産処理を検討する必要があります。

一部の大企業を除けば、大半の場合に、会社の債務の担保として、経営者様ご本人が連帯保証をされていたり、経営者様の個人財産が会社の債務の担保とされているはずです。

このような場合、会社の倒産処理と同時に、経営者様ご本人の破産処理を行い、少しでも早く、有利な形で経営者様の生活の再建をはかる必要があります。

法人の破産処理と経営者様個人の破産処理を行う場合、通常は最低でも100万円以上の資金が必要となってきます。
決断を先送りにした結果、完全に資金が枯渇してからではどうすることもできません。

また経営者様とそのご家族の住居の問題や、生活していくための資金の問題もあります。

もちろん長年経営されてきた会社をたたむ決断が、そうそう容易であるはずがありません。
しかし時間の経過はどんどん状況を悪化させるだけです。

数々の企業の倒産処理を手掛けてきた実績のある、アトラス総合法律事務所にぜひ一度ご相談ください。
そしてわれわれと一緒に経営者様の置かれた状況を、少しでも有利に解決する方法を考えましょう。

 

お問い合わせ・無料相談のご予約
Copyright(c) 2015 アトラス総合法律事務所_債務整理 All Rights Reserved.